他の脱毛症との違い

薄毛になやんでいる方は、それぞれ髪の状態も異なれば、
生活環境なども変わってくると思います。

 

そのため、「AGAの症状は、他の脱毛症とはどう違うのだろう?」と
不思議に思われる方も多いのではないでしょうか。

 

では、AGAと他の脱毛症との違いについて、ご紹介しましょう。

 

脱毛症というと、円形脱毛症などを思い浮かべる方も多いと思います。

 

「薄毛の悩みというと、どの症状も同じだろうと」思っている方も多いと思いますが、
実際には原因も異なれば、対処方法も変わってきます。

 

例えば、円形脱毛症の場合には、突発的に起こる症状となっており、
突然症状が起きてしまいます。

 

しかし、AGAの場合には、ゆっくりと進行していくことになります。

 

円形脱毛症の場合には、ストレスなどにより起こることが多く、
自己免疫機能の異常により起こっている症状となります。

 

また、粃糠性脱毛症状の場合には、フケなどが出る症状となっており、
毛穴が詰まり、毛根にダメージが加わってしまうことで起きてしまう病気。

 

圧迫性脱毛症の場合には、ヘルメットや帽子などを長時間被る方に多い症状となっており、
環境が大きく影響している症状となります。

 

そして、老人性脱毛症の場合には、自然な生理現象となっており、
年齢とともに頭皮の毛細血管が老化していくことで起こる症状となります。

 

薄毛の悩みというのは、やはり辛いもの。
「どうにかして、改善したい」と思われる方も多いと思いますが、
まずは自分の脱毛はどういった症状なのか、
どういったことが原因となっているのかを見極めていくことが大切となります。

 

 


このページの先頭へ戻る