遺伝によるAGA

薄毛に悩んでいる方の中には、
「これは遺伝だから、仕方がないだろう」と諦めている方も多いと思います。

 

薄毛というと、やはり遺伝が原因と考える方が多いでしょう。
「父親や祖父をみれば、自分もいずれは薄毛になるのだろう」と思っている方もいるかもしれませんね。

 

では、AGAと遺伝の関係について、ご紹介しましょう。

 

そもそも、AGAは遺伝によるものなのかというと、
残念ながら遺伝が関係していると言われています。
「やっぱり、そうなんだ」とショックを受ける方も多いでしょう。

 

AGAは、DHTという物質が大きく影響していることはご存知の方も多いと思いますが、
この影響をどの位うけるかは、それぞれのアンドロゲンレセプター遺伝子という
遺伝子により左右されることになります。

 

そのため、アンドロゲンレセプターが受けやすいという方の場合には、
AGAも発症しやすいということ。

 

AGAだけではなく、花粉症やアルコールに弱いといった方も、
こういった遺伝子が影響していることになります。

 

しかし、この遺伝は常に母親側からの遺伝となります。
また、AGAは5αリダクターゼの存在によっても左右されます。
5αリダクターゼは、人によって活性度が変わります。
そのため、高い5αリダクターゼの遺伝子を持っている方の場合には、
遺伝しやすいという状態になってしまいます。

 

このように、AGAと遺伝は大きく関係していることになります。
今は、薄毛に悩んでいない方も、
薄毛の遺伝が心配な方は早めに専門医に相談しておくと良いでしょう。

 

遺伝と分かっても、AGAは治療方法がありますから、
諦めずに改善を目指すことも大切ですよ。

 

 


このページの先頭へ戻る